ワーキングマザー陸マイラーが今日も行く

フルタイム共働きのワーキングマザーです。陸マイラーもやっています。

共働き家庭のおこづかい事情 わが家の家計管理のご紹介

みなさんのご家庭は、どのような家計管理をされていますか?

おこづかい制ですか?夫婦別財産制ですか?

 

家計の主担当は、夫ですか?妻ですか?

 

今回は、わが家の、家計管理を紹介します。

 

 

 

わが家の家計管理

 

わが家の家計は、共有財産制を取っています。

 

夫婦とも、手取りの7割を、家計として、夫婦共有の口座(実際は、夫の銀行口座を利用しています)に振り込みます。残りの3割は、各自の取り分、つまりお小遣いになります。共有口座の管理は、主に妻である私が行っています。

 

わが家は、フルタイム共働き家庭です。夫婦の給料は、残業代を含まない場合、ほぼ同じです。

 

手取りの7割、というのは、月の給料、残業代、ボーナス、すべて、手取りとして振り込まれた額から、7割を共有口座に入れる、ということです。

(ただし子どもにもらった手当は、満額、共有口座に入れることになっています。)

 

残業代も、7割を家計入れるという考え方は、職場の先輩のやり方を、参考にしました。

夫が残業している間、妻は家で、ワンオペ育児です。育児は大変ですが、お金は生み出しません。仕事は、残っていれば、お金が発生します。残業代をすべてお小遣いにすることになると、残業すればお小遣いが増えることになり、不公平だ。また、残業せずに早く帰りろう、という意欲が削がれてしまう。よって残業代は家計に入れるべき、というご意見でした。

 

私も、その考え方が好きで、参考にしました。ただし、夫が、残業嫌いの人間であることも知っていたので、仕方なくしぶしぶ残業するのに、本当に自分の取り分が0円だと、精神的にきついだろう、と思い、残業代も7割は家計、残りは自分の取り分、ということにしました。

 

なぜ、給料額面でなく、手取りで把握するのか、という点ですが、社会保険所得税など、給料から引かれる諸経費は、その時々の額面により変わります。額面が増えたからと言って、手取りが同じだけ増える訳ではありません。額面の〇割、とするより、手取りの〇割、とした方が、お互いに分かりやすく、不公平感や、残念感が少なくなると考えました。

 

この手取りの7割制度は、私の産休育休中にも継続しました。給付金も、すべて7割を家計に入れ、3割は自分のお小遣いとしていました。そのため、産休育休中はお小遣いが減ったので、大きな支払い(保険代や結婚式のお祝い等)は、家計から出してもいいよ、となり、そうしました。

 

なぜこの形(共有財産制)になったのか

まず、夫が、「お小遣い制は嫌だ」と主張したことです。なぜ、大の大人が、自分の稼ぎから「お小遣い」をもらわないといけないのか、と、言われてみればそうだな、という主張をしてきました。

 

そして、私は、夫婦別財産制が、いまいち受け入れられなかったことです。まとまったお金が必要になった時、例えば、家や車を買う、子どもが進学する、などの際、自分の貯金額と、相手の貯金額に差があると、揉めるのではないか、と思いました。

 

そこで、間を取って、共有財産制にしました。実際は、手取りの3割が、俗にいう「お小遣い(自由になるお金)」なのですが、妻に「お小遣いを頂戴」と言わなくていいため、夫は、納得したようです。

 

共有口座の管理は、互いに「どちらがやってもいい」という状態だったので、とりあえず私が担い、そのままになっています。

 

夫も私も、自分の3割分は、自由に使っていますが、すべてを使い切っているわけではなく、そこから貯金もしています。資産運用も、自分の貯金の分は、各自好きなように行っています。

 

共有財産制にして気を付けたこと

明朗会計にする

まず、明朗会計を心がけ、家計簿も付けました。

そもそも、手取りの〇割を共有口座に、という話は、結婚前からしていましたが、何割にするかは、生活費を見て、最終的に調整する予定で、最初に、とりあえず7割と決めました。

ですので、生活費がどのくらいかかるか知る必要があったため、レシート管理で、エクセルで家計簿を作成しました。

1年間トータルで見て、手取りの7割で、大丈夫、ということが分かりましたので、今も7割のままです。子どもが産まれても、幸い、それほど支出が増えていないこともあり、そのまま7割を維持しています。

 

家計から払う分、自分の取り分(お小遣い)から払う分を明確にする

家計担当の私が、共有口座の通帳やカードを持ち、現金を引き出したり、買い物の支払いをしています。夫は、共有口座が引き落とし口座になっている、クレジットカードを持っていますが、買い物後のレシートは、すべて私に渡すことになっています。

 

したがって、レシートを渡してこない支払いは、夫のお小遣いから払っていると考え、同じ項目を、私も、自分のお小遣いから払うようにしています。

 

例えば、医療費、散髪、コンタクト関連、昼食(普段はお弁当なので、お弁当がない日のみ)、嗜好品(甘いものやお酒)、独身時代にかけた保険、被服などは、家計からは出さないように気を付けています。

 

家計から支払いをしているものは、住居費、光熱水費、教育費、食費(外食含む)、雑費、教養遊興費、車関係、子ども関連費(子の医療費、被服費)などです。

 

年に数回、会計報告をする

年に数回、通帳を見せて、貯金額を共有し、資産運用をどうするか、話し合いをしています。家計簿も開示します(仕事復帰して、家計簿は滞りがちですが)

 

そのタイミングで、手取りの7割が妥当か、低くないか、高くないか、なども話し合います。

 

共有財産制のメリット

共働きの必要性を夫に説明できた

わが家の夫は、専業主婦家庭が希望でした。専業主婦の母(私からは義母)に育てられ、その世界で生きてきた夫は、専業主婦家庭が、共働き家庭より、家庭が相対的に幸せだ、と信じて疑っていませんでした。

 

かたや、私は、共働き希望でした。フルタイム共働き家庭で育ち、母から、男でも女でも、自分で稼げるならそのほうがいい、と育てられたため、自分も働き続けることがあたりまえだと思っていました。また、フルタイムで働く母を持ったため、家事をよく手伝って(手伝わされて)おり、その反動か、あまり家事が好きではありません。家事だけをして1日が終わるなんて、嫌だ、と思っていました。(今でも思っています)

 

共有財産制にして、共有部分の家計簿をつけたことで、夫に、夫の手取りの7割だけでは、家計が赤字だ、ということを、可視化することができました。なお、8割でも赤字でした。

 

この、可視化により、夫は、私が専業主婦になって、自分が手取りの9割を家計に入れる(つまり自分の自由になるお金が減る)のは困る、と思ったらしく、わが家の生活水準を維持するためには、共働きが必要だ、ということを受け入れました。

 

私には、このメリットが、何よりも大きかったです。私が好きで働いているのではなく、わが家には「必要だ」と感じてもらえることで、家事分担の話なども、しやすくなりました。

 

ただし、今でも、夫は、私の働き方が、フルタイムでなく時短でもいいのでは、という思いはあるようで、それは、これからの課題です。

 

夫婦の貯金ができる

共有口座に夫婦の貯金ができます。家族に絡む大きな買い物は、ここから出すことができます。運用についても、まとまったお金でする方が、リターンが大きくなります。

 

夫婦の貯金が明確にあることで、大きな買い物について、今ある共有財産を確認し、それに見合った買い物ができるようになりました。例えば、車や家具家電など、上を見ればキリがないような買い物について、共有財産で対応できる範囲内で選ぶということで、夫婦とも、落としどころを見つけやすくなりました。

 

私は、どちらかというと貯金が好きな体質であり、一人で貯金をするより、二人分のほうが、目に見える額が増える、ということも、純粋にうれしいと感じています。運用でさらに増えると、さらに嬉しいですが、ここはなかなか一筋縄には行きません(特に今は)。

 

支払いで揉めない

夫婦別産制の家計管理の家庭で、よく聞くのが、子どもが産まれたりして、支出が増えたとき、どちらが出すことにするのかで、揉める、という話でした。

 

また、出産に伴う産休育休で、給料が減っている、もしくは無くなっているのに、自分の支払いの分担は変わらないため、その期間が赤字になってしまう、にもかかわらず、夫は分担を変えてくれない、という、妻側の不満です。

 

共有財産制の場合、家族で必要な経費はすべて、共有分から出しているため、出産費用や保育料も、すべて家計口座からの支払いとなり、お互いのお小遣いが減ることはありません。

 

育休中は、私のお小遣いは減っていましたが、それでも0円にはなっていません。そもそも育休中に出かける先が少なく、お金を使う機会が少なかったことと、お小遣いが減ったことを認識した夫が、大きな支払いを、家計から出すよう促してくれたため、喧嘩になることはありませんでした。

 

将来設計がしやすい

これは、家計簿の効果かもしれませんが、支出額が可視化されているため、例えば、子どもは何人くらい持てるのか、住居や車を購入する場合、どのくらいの値段のものにすれば、お互いの自由度を確保しながら、ローンや支払額を確保できるのか、などを、夫婦で共有しやすくなり、結果、将来設計が立てやすくなりました。

 

例えば、子どもが増えたら、家を買ったら、共有口座の割合を8割に増やそう、とか、子どもの進学にどのくらいの費用を準備しておくか、などを、話し合いしやすくなりました。

 

自分の自由になるお金が明確なためストレスが少ない

日本のサラリーマンのお小遣い額の平均は、4万円程度です。だいたい、額面の1割程度が妥当だ、などと言われています。

 

手取りの3割を、自分の取り分にしているわが家の場合、お小遣い額は、平均より多くなります。ボーナスや残業代も入るので、年間の額にすると、そこそこ大きな額です。

 

ですので、被服や装飾品など、自分が必要と思うものは、それほど我慢しなくても、購入できています。夫も、飲み会など、ある程度自由に参加でき、後輩にいい顔をすることも、できているようです。

 

 

共有財産制のデメリット

家計管理担当者の負担が大きい

家計を管理する担当者は、負担が増えます。家計簿をつけることになると、なおさら負担増です。

ここは、子どもが産まれてからは、家計簿を精緻につけることを辞めたり、アプリやカード支払い額で把握したりすることで、乗り切っています。

 

お小遣い部分の使い道が不明

夫婦とも、互いに、相手がお小遣いをどのように使っているか、分かりません。贅沢できない額なら、問題ではないのですが、平均よりは多い額ですので(互いの収入は平均的です)、貯金しているのか、運用しているのか、散財しているのか、はっきりとは分かりません。

 

一応、夫婦の会話の中で、「あ、運用しているのかな」とか、「ちょっといいカバンを買ったんだな」などは分かるので、それで良しとしています。

私も、「貯金が増えた(減った)」「高かったけど、〇〇を買った」などは、話すようにしています。

今後、まとまったお金が必要な時期が明確になったら、その時期を見越して、共有財産の割合を、変更する予定です。

 

そうはいってもお小遣い制と変わらない

手取りの3割が、自由になるお金です。手取りなんて、そんなに毎月変わるわけではありません。したがって、結局は、お小遣いが3割、ということなのです。

自分で稼いだお金の、7割も家計に入れないといけない、3割しか自由に使えない、と思う人には、向いていません。

わが家の夫も、「繁忙期、あれだけ残業したのに、たった〇円か」と嘆いていますが、私は聞こえないふりをしています。本当に不満に感じたときには、きちんと話し合いを求めるだろうと思っているので、今は様子見です。

 

以上、参考になりましたでしょうか。

 

家計管理は、家庭によって様々なやり方があり、どのやり方が正解で、どれだと不正解というものでもありません。

しかし、共働き家庭の場合、支払いの分担(つまり、収入の割合)が、家事分担(家事の割合)につながってしてしまう、という状況が起こりやすいことがあります。

家計管理の方法を変えることで、家庭の様々な役割分担の見直しの機会になるかもしれないな、と思い、記事にしました。

 

 家事分担については、こちらに少し記載しています。

www.workingmother-rikumiler.com

 

 

 

お役に立てましたら、ポチっとお願いします。ブログ村に遷移します

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村