ワーキングマザー陸マイラーが今日も行く

フルタイム共働きのワーキングマザーです。陸マイラーもやっています。

フルタイム共働き家庭の一日のスケジュールを公開 共働きの家事分担

息子が1歳の4月に職場復帰してから10か月、ようやく生活が軌道に乗ってきました。

 

私の一日のスケジュール、わが家の家事分担と、日々感じていることについて、記載します。(多少のフェイク込み)

 

 

 

 

一日のスケジュール 

 

私                

5:40 起床  お弁当づくり、夕飯づくり、身だしなみ

6:30 息子起床 朝食準備 子の着替え

6:40 朝食

7:00 息子の歯磨き・体温測定・連絡帳  

7:20 出勤           

8:30 勤務開始

17:00 勤務終了  

18:00 保育園のお迎え

18:30 子ども夕食(自分も夕食)

19:30 お風呂

20:00 遊び(夫と夕食)

21:00 寝かしつけ 

22:00 お弁当準備・保育園準備・洗濯

22:30 就寝

 

6:20 起床 台所の片付け

6:30 息子を起こす

6:40 朝食

7:00 身だしなみ

7:20 台所片付け        

8:00 保育園送り 出勤

9:30 勤務開始

18:00 勤務終了

19:00 帰宅

19:30 お風呂

20:00 夕食

21:00 台所片付け

23:30 就寝

 

 日々の生活

朝は、夫と協力して乗り越えており、どちらかがいないと正直回らない、という状況です。

先日、夫が体調を崩しました。私は保育園の送りのために、仕事を遅刻しました。私の朝の出勤時間あわせて、保育園の送りを入れると、保育園が空いていないため、いたしかたありませんでした。

どちらも、倒れることはできません。頑張るのみです。

 

夜は、私がこども担当ですが、夫が早く帰るときは、お風呂は夫が担当します。寝かしつけも、夫ができるようになりました。ただし、半分くらいは子どもが泣いて拒否し、私にバトンタッチします。

 

共働きの家事分担

 

家事分担はおおむね、平日と週末あわせて、だいたい、夫:私=4:6。食事作りや、買い物の調整を妻の私が担当しているので、私に家事負担が偏っています。

 

夫から、平日のお弁当を作ってほしいという希望があるため、わが家は、食事の手間がかかっています。お弁当は、丼もの弁当などの手抜きあり、週4作れば合格、としていますが、私は外ランチ好きなので、多少、不満がたまります。

 

育休から復帰するにあたり、いわゆる「名もなき家事」について、エクセルで一覧表にして見える化したり、夫に説明したりを重ねることで、夫も多く担ってもらえるようになりました。

 

特に、後片付け系は、夫が主となって、やってくれています。ごみ捨ても、分別・曜日の把握・袋に集める・出す・ごみ箱に袋をかける、など、すべて夫がやっています。(生ゴミの日は、ごみ箱がたくさんあるので、二人でやります)

 

家事分担の話は、お互いに神経を使いますが、夫婦でたくさん会話することで、結果として、少しづつ、夫の家事が増えているように思います。

 

まあ、それでも多少思うところはあるので、これからも、話し合いを続けます。

 

 

三種の神器

 ロボット掃除機、食洗器、ドラム式洗濯乾燥機はフル活用しています。

 

ロボット掃除機 

 

出勤時などの外出時に稼働させています。ロボット掃除機が使えるような、部屋のレイアウトにする(段差がない)、床にものを置かない、などは、部屋選びの当初から意識しました。当初から、頼る気マンマンでした。

 

食洗器 

 

食洗器の管理は、夫です。

汚れた食器を入れる、洗った後の食器を棚に片付ける、食洗器に入り切らなかったものを手洗いする、食洗器の洗剤の残り把握するなど、食洗器に関することは、全て任せています。

 

食洗器で落ちきらなかった汚れを、手で洗いなおすかどうかも、夫に任せています。

 

最初のころは、油が残っている場合は、洗いなおしてもらうよう指摘しましたが、その後は、夫の基準で洗い直しをしており、それを再度指摘することはやめています。

 

汚れていると判断する基準は、夫婦間で差異があるので、我慢できない方がやればいいと思うからです。

私が我慢できない場合は(子どもの食器など)、後で自分でこっそり洗い直します。その場合も、夫には言いません。夫が、私が洗っていることに気付いた時だけ、「子どもの食器だから、少し気になって」と伝えるくらいです。

 

 ドラム式洗濯乾燥機

 

ドラム式洗濯乾燥機は、主に私の担当です。

仕事に復帰してから、平日は、洗濯物を干すことがなくなりました。タオルや肌着は、外に干すより乾燥機を回すほうが、やわらかく、ふんわりすることを知りました。おすすめです。2日に1回くらいの使用ですので、電気代もそれほど上がりませんでした。

 

 

食料品の買い物

1週間分のおおまかなメニューを作り、週末にまとめ買いをしています。生鮮食品や、痛みの早い野菜は、平日の真ん中くらいに、ネットスーパーを活用しています。おおむね火曜日に注文し、水曜日に配達してもらっています。

 

例えば、イトーヨーカドーネットスーパーは、母子手帳を提示すると、3年間、配達料が330円から110円に割引されるので、お得です。

 

 

なお、ネットショッピングや、ネットスーパーは、ポイントサイトや、ANAマイレージモールを経由すると、クレジットカードのポイント以外にもポイントやマイルが貯まるので、陸マイラー活動の視点では、かなりおすすめです。

 

 

仕事復帰後の、子どもとの過ごし方

わが家は、夫婦とも本が好きで、かなりの読書量があります。子どもにも、本が好きになってほしい、あわよくば、家族みんなで、休日1日中図書館で過ごしても満足できるようになってほしい、と思い、育休中は1日5冊を目標に絵本の読み聞かせを行っていました。

 

しかし、復帰後は、なかなか時間が取れません。そして子どもは、今、それほど本が好きではありません。絵本より、いないいないばあ!の、わんわんが好きです。親の思いどおりには、子は育ちません。

 

朝は、歯磨きが終わってから保育園登園まで、夜は、夕食からお風呂までが、子どものテレビタイムです。たいていは、録画したEテレか、YouTubeの歌とダンスを見ています。

 

夫が残業等で遅くなる日は、子どもと私が一緒に夕食をとり、テレビタイムの間にほぼ全ての家事を終わらせています。そして、子どもと寝落ちします。それはそれで幸せです。

 

 

仕事に復帰してからあきらめたこと、満たされたこと

育休からフルタイムで仕事に復帰して、忙しくなり、あきらめたことはたくさんあります。

 

・洗濯を干して、太陽の光に当てること(乾燥機をフル活用)

・子どもの食事を薄味で作ること(大人と同じ料理)

・絵本の読み聞かせ(時間が限られるため、子どもの気が乗らないときはやらない)

・清潔で整った部屋を保つこと(ルンバも毎日はやっていない。食べこぼしをハンディ掃除機で吸うだけ)

・トイレやお風呂の掃除(頻度が大きく低下)

・ていねいな生活(常にせかせかと動き回っており、ゆっくりお茶を飲んだり読書する時間がない)

 

( 子どもの好きな絵本)

きんぎょが にげた (幼児絵本シリーズ)

きんぎょが にげた (幼児絵本シリーズ)

 

 

 

しかし、復帰して満たされたこともたくさんあります。

 

・子どもの昼食とおやつが充実(保育園のおかげ)

・貯金が増える(多少でもボーナスが出るところが、育休給付金とは大きく違う)

・夫の家事協力(育休中は、あなたは休みだから、という態度が出ていた)

・子どもを共に育ててくれるひとたちの存在(保育園の先生方、ありがとうございます)

・納税や社会貢献をしているという満足感(自己満足ですが、私には大切です)

 

あきらめたことについては、あまり深く考えないようにしています。

 

専業主婦の方や、育休延長をされている方が、ていねいに、子どもと向き合って生活をしているのを見ると、羨ましいと思う気持ちや、子どもに申し訳ないと思う気持ちになりますが、保育園で楽しそうに遊んでいる子どもを見ると、これはこれでありだな、と思います。

 

 

 

私(母)の自由になる時間

ブログの執筆や、ブログでも書いている陸マイラー活動は、子どもの就寝後にやっています。陸マイラー週1回、ブログ週1回くらいです。

 www.workingmother-rikumiler.com

 

 夫の残業がない日は、夫婦の会話を優先し、記事の更新が少なくなります。仲良くやっていると思って、更新が滞っても、多めにみてください。

 

 

共働きのコツ?

子どもが1人ですので、経験値が浅い私ですが、これからワーキングマザーを始める方、不安だなと思っている方に、お伝えするとしたら、とりあえず、あまり深く考えずやってみる、走り続けてみる、ということかなと思います。

 

時短家事、時短料理、どれも、やってみて、自分のスタイルや、わが家のスタイルで、ぼちぼち決まったことが多いです。

 

例えば、わが家は、夕食については、平日の1か月のメニューがほぼ固定されています。季節の野菜で少し変化はありますが、基本的には、4週間サイクルで、肉じゃがや、マーボー豆腐が出てきます。給食の献立のようです。

 

食べたいものは、週末に食べ、それ以外の平日は、朝作りやすい、早くできる料理で、コンロの回転も効率よく、買い物の手間も減らして、と、試行錯誤しているうちに、このスタイルになりました。

 

このスタイルは、私にとっては楽ですが、今日はあれが食べたいな!というものを食べられるわけではないので、どの家庭にも勧められるものではありません。

 

いろんな家庭のやり方も参考にしながら、とりあえずやってみる、失敗したら修正してまたやってみる、の繰り返しで、自分の、家族のスタイルが出来ていきます。

 

夫の家事協力について。話し合いはもちろん大切ですが、話し合っても、できないものはできない、ということもあります。

 

臨機応変に変えていく柔軟性も必要です。準備はしつつ、とりあえずやってみて、走り続けてみる、ということで、トライしてみてください。

 

 

共働きを続ける理由

私は、独身時代から、仕事が好きで、仕事をしている自分が好きでした。学生時代にバイトをしていた時も、アルバイトなのに社員のように働いていたり、今の会社でも、忙しい職場ほど、楽しんで仕事をしたりしていました。

 

子どもが生まれて、優先順位は子どもが一番になり、独身時代と比べ、仕事にかける熱量は少なくなっていますし、残業はしないし、マミートラックに乗っている感じもしていますが、それでもやっぱり、仕事をしている自分が好きという気持ちは変わらないんですよね。

 

共働きを続ける理由について、私の場合は、自分の食い扶持(と子どもの食い扶持)を、自分で稼ぐことができている、という自負が、私のアイデンティティーを維持するのに必要なんだと考えています。

 

しかしこれは、夫にも説明しにくいです。ましてや世間にはなおさら説明しにくいです。

 

ですので、結局、お金のために(将来困る)から働く、今の会社を辞めると、同じ条件で将来働くことはほぼ無理なので、という、分かりやすい表現になってしまい、自分で少し、もやもやすることもあります。

 

この説明は、まわりからも、今困っていないなら、そこまで働かなくてもいいのでは?という無言のプレッシャーを受けやすいです。

 

たくさん稼ぐわけでもなく、ずば抜けた能力があるわけでもなくても、男性でも女性でも、働いて稼いで、自分で生きていけることって、いいことだと思うんですけどね。

 

というわけで、ワーキングマザー陸マイラーは、今日も元気に働きます。

 

 お役に立てましたら、ポチっとお願いします。ブログ村に遷移します。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村