ワーキングマザー陸マイラーが今日も行く

フルタイム共働きのワーキングマザーです。陸マイラーもやっています。

リン

ワーキングマザーが陸マイラーに向いている4つの理由と、デメリット

航空会社のマイルを貯める方法でよく知られている方法は、

①飛行機に乗ってフライトマイルを貯める

②航空会社のクレジットカードでカード決済をし、ポイントとしてマイルを貯める

の2つの方法です。

 

しかし、ワーキングマザーだと、遠くの出張には行きにくいため、フライトマイルは貯まらないし、クレジットカードの利用で1%ずつマイルをためても、すぐに失効してしまうし、マイルを貯めて旅行に行くなんて無理だわ、と思っていませんか。

 

陸マイラーとは、飛行機に乗らずに、航空会社のマイルを貯める人のことをいいます。空を飛ばずに陸で貯めるので、陸マイラーです。

 

陸マイラーは、実は、クレジットカードではなく、

 

③ポイントサイトを活用してマイルを貯めている

 

ということは、すでに説明しました。

 

www.workingmother-rikumiler.com

  

しかし、「ポイントサイトを活用するといわれても、そもそも時間がなくて忙しいんだよ」、「お小遣いサイトでちまちまと作業をするなんてストレスがたまるよ」と思いますよね。

 

私も、そう思っていました。ポイ活ブログなんかを覗きながら、「これは専業主婦だからこそできるお小遣い稼ぎだなぁ。」と思っていた一人です。

 

しかし、陸マイラー活動を始めて、気づきました。ワーキングマザーは陸マイラーに向いている、ワーママにこそ、陸マイラーをおすすめしたい!これから、その理由をお話します。

 

 

 

 

ワーキングマザーが陸マイラーに向いている理由

 

働いているため、自分の信用情報がある

 陸マイラー活動で、家族の海外航空券を発券できるほどの、マイルをためるには、ポイントサイトを使う方法が主流です。

そして、たくさんのマイルを貯めるには、ポイントサイトによるクレジットカード発行や、FX案件が、どうしても、いつかは必要になります。

 

その際、ワーキングマザーは、自分の責任でクレジットカードが発行できます。これは大きい。

 

夫に「陸マイラー活動でマイルを貯めて旅行に行きたいんだけど、マイルを貯めるには、ポイントサイトからクレジットカードを作って、あーしてこーして(以下略)、ということで、あなたのクレジットカードを発行してもいい?」など、なんとも怪しげで(本当はそれほど怪しくないのですが)、じっくり説明すると2時間ほどかかりそうなお伺いを立てることは必要なく、今すぐ、自分の責任で、陸マイラー活動を始めることができます。

 

陸マイラーブログを拝見していると、ブログ主が男性であると思われるサイトが、圧倒的に多いのは、このクレジットカード案件等を利用するにあたって、主婦の陸マイラー活動は、自分が主体的に活動するには、ハードルが高いからではないか、と私は考えています。

 

この点、ワーキングマザーなら問題ありません。

 

そして、共働きの場合、ワーキングマザー自身が、自分でマイルをうまく貯めることができれば、夫にも勧めて、夫婦で陸マイラー活動ができるようになります。

 

始める前から「クレジットカードが…」と話をすると、胡散臭そうだと身構えられる陸マイラー活動ですが、家族で海外旅行に行けるくらいマイルを貯めた後に、何なら、旅行に行った後に、成功体験と失敗のリスク回避方法を分析したうえで、夫にプレゼンすれば、夫も協力してくれる可能性が高くなります。

 

このリスク回避の分析も、ワーキングマザーなら、日々仕事でやっているので、お手の物です。うまくいけば夫婦でマイラー、マイル2倍も夢ではありません。

 

実際に、わが家は、夫に説明し、夫の理解を得て、夫に必要なクレジットカードも、ポイントサイトから発行しています。

 

海外旅行の楽しさを知っており、旅行に行く資力もある

 海外を含め、「飛行機で旅行に行きたい」と思っていることは、陸マイラーの基本です。

 

車や、電車の旅行が好きなら、陸マイラー活動は不要です。陸マイラーが狙うのは、陸続きでは行けない、飛行機が必須の場所です。

 

ワーキングマザーの中には、独身時代、海外旅行をしていた人もたくさんいらっしゃると思います。

 

独身時代は、一人分の旅費を確保すれば自由に旅行ができました。私も、安いツアーや航空券を探して、友人等と楽しんでいました。

 

しかし、家族ができると、今まで1人分払えばよかった旅費が、2倍、3倍になりますよね。アジア格安ツアー3泊4日で、一人4万円で行けていたのが、家族分の8万円、12万円がかかるようになる。12万円+滞在費+諸費用で20万円は必要だとなると、ふらっと簡単には海外旅行に行けません。

 

この点、マイルを貯めて、特典航空券が入手できれば、飛行機代はタダです。遠のいていた海外旅行が近づいてきます。

 

ただ、いくら陸マイラー活動でマイルをためて、特典航空券を発券したとしても、ホテルや食費、観光にはお金がかかります。

 

独身時代なら格安ホテルで楽しかった旅行も、子どもがいると、治安や食事や利便性を考え、ホテルのランクを上げざるをえない。

 

しかし、この点、ワーキングマザーは、所得があるので、飛行機代さえマイルを貯めてしまえば、ホテル代や食事代は対応できる、もしくは夫に交渉できる、という人が多いと思います。

 

ホテル代の1万円×宿泊数、あとはその他諸費用と食事代で、10万円もあれば、特典航空券で、ビジネスクラスでの家族海外旅行が、可能になりますよ!

 

手ごろな価格のオプショナルツアーを見つけ、自力では行けない場所に行くのも、わが家の楽しみの一つです。

bali 

 

ポイントサイトのポイントを、マイルへ交換する価値が、肌感覚でわかる

本来、ポイントサイトでポイ活をする場合、月に2~3万円のおこづかいを稼ぐことができるのは、成功の部類です。

 

隙間時間で頑張っても、ネットショッピングやアンケート案件では、普通は、せいぜい月に数千円を稼げればいいほうです(悪ければ数百円)。

 

また、ポイントの現金化には、手数料がかかるところが多いです。

 

ワーキングマザーの肌感覚では、数千円稼ぐのに、これだけ労力がかかるのなら、働いて稼ごう(少し残業しよう、勤務評価を上げて賞与をアップさせよう)などに意識が向きがちです。

 

私がそうでした。少しの現金だと、あまりモチベーションにならないんですよね。

 

いや、うれしいですよ、2万円の現金。

 

でも、飲みに行く時間はない、ゆっくり買い物する時間もないので、プラスアルファで獲得したお金を、活用できるシチュエーションが浮かばない。

結局、生活費の足しに使うか、貯金するか、ポイントがたまって、それを眺めて、ムフフと思っているだけになる。それなら子どもと遊びたい、ゆっくり寝たい、となってしまいます。

 

しかし、月に15,000マイル(沖縄往復の特典航空券)、年180,000マイル(親子3人でハワイ往復の特典航空券)、と考えると、ポイ活で陸マイラー活動をするやる気がでませんか? 

 

陸マイラーの目標は海外特典航空券、できれば優雅なビジネスクラスや、豪華なファーストクラスです。

ビジネスクラスに搭乗し、ゆっくり寝ながら移動して、子どもも飛行機に乗れてウキウキで、待ち時間も、ラウンジで優雅に過ごせて、家族みんなハッピーなら、隙間時間を活用して、月2~3万円をかせぐ陸マイラー活動に価値を見出せると思いませんか。

 

月2万円のおこづかいを1年間貯めても24万円、これでは、ビジネスクラスの航空券の、1人分にもなりませんが、陸マイラー活動だと、1年頑張れば、ビジネスクラス3人分になるのです。

 

www.workingmother-rikumiler.com

 

 

 

ネットスーパーやネットショッピングで、ポイントをためやすい

ワーキングマザー、それもフルタイムで働いている方は、とにかく時間がありません。必死で働き、定時で仕事を終えても夕方5時や6時、そこからダッシュで帰り、保育園にお迎えに行き、ご飯を食べさせて、お風呂に入れて、寝かしつけをする。

 

今日の晩ご飯の献立を考えながら、ゆっくり買い物をする時間なんて、全然ありません。

 

そのため、私はネットスーパーやネットショッピングを活用しています。同じような方も多いのではないでしょうか。

 

 

ネットスーパーで買い物をする際、実は、ポイントサイトを経由するだけで、ポイントがたまります。ネットスーパーは、基本的にはカード払いです。ポイントサイト経由で、マイルのたまるカードで支払いを行い、マイルとポイントの二重取りをしましょう。

ポイントサイトから、楽天や、アマゾンや、イトーヨーカドーネットスーパーを経由するだけで、ポイントがたまります。

 

よく主婦のポイ活ブログで、〇〇買いました~、ポイントが〇円貯まりました~、などを見ますが、それ、本当に欲しかったの?と思うようなものも掲載されていたりしませんか?ポイントが欲しくて、無駄遣いしているように見えてしまう商品を買っているような…。

いや、本当に欲しいなら、主婦でもサラリーマンでも、購入すればいいですよ。それでポイントがもらえるなら、お得でうれしい話です。

 

ただ、ポイントが高いから買おう、ポイントが高いからこの服はやめて鞄にしよう、というのは、なんだかもったいないな、なんて思います。私は、お得は好きですが、損はしません。ワーキングマザーといえども主婦ですから、無駄遣いはしたくない。

 

というわけで、ポイントサイトを経由し、これまで使っていたネットスーパーで、サクッとマイルを貯めましょう。

 

 

ワーキングマザーが陸マイラーをするデメリット 

さて、ここまでワーキングマザーが陸マイラーに向いているという理由を4つ説明しました。公平性の観点から、ワーママの陸マイラー活動のデメリットも記載しておきますね。

 

とにかく時間がない

ワーキングマザーには時間がありません。朝起きてから職場に着くまで、退社してから子供が寝るまで、座ることがほぼない、という方も多いでしょう。

ポイントサイトで陸マイラー活動をするには、やはり多少の時間がかかります。

 

通勤時間や、子どもを寝かしつけてからほっとする時間など、隙間時間をうまく活用することが重要かと思います。

 

実際は、思ったよりは、時間はかかりません。私が、陸マイラー活動で、80,000マイル貯めるのにかかった時間は、24時間程度、だいたい、1週間に1時間です。週に数時間の捻出で、ビジネスクラスで海外旅行に行けてしまうのです。自分でも驚きでした。

 

旅行に行くには仕事を休む必要がある。

これは、ワーキングマザーのワーキング部分のデメリットですね。お盆やお正月くらいしか長期休みはない、でもこの時期のツアーや航空券は高いので、海外旅行には行けない、そういう方もいらっしゃるかと思います。

 

しかし、マイルで獲得できる、特典航空券は、お盆やお正月でも必要マイル数は大きくは増えません。正規料金で航空券を購入するよりは、気楽に飛行機に乗れます。

 

また、例えば、ANAの直行ハワイ便(フライングホヌというウミガメのペイントがある大型飛行機)は、繁忙期の特典航空券は、競争が激しく激戦ですが、ANAのマイルは、実はスターアライアンス系列すべての特典航空券で使えます。

 

ANA以外の、系列航空会社なら、長期休みでも特典航空券を取得しやすいです。ホテルは、ポイントサイトを経由して、海外ホテル予約サイトで直接予約しましょう。

陸マイラー活動で、思っているよりとっても安く、長期休みに海外旅行に行けてしまいます。

 

お盆やお正月は帰省するから旅行には行けない、それ以外に休みを取って旅行なんて難しい、子どもが病気になる場合に備えて有給休暇を残しておきたいし、と思っている方。お気持ちは、よくわかります。

 

しかし、子どもが少し大きくなれば、病気も減り、保育園からの電話も減ります。今までお休みしていた日数を、旅行に振りかえてみませんか。

 

特典航空券があれば、子どもの航空券料金を気にして、1歳や2歳の小さいうちに無理をして行く必要もありません。少し大きくなってからでもいいのです。

 

子どもにとっても、旅行は大きな財産です。

言語や文化が大きく異なる海外は、子どもにも大きな経験になります。

子どもと一緒に、海外旅行に挑戦してみましょう。すごく素敵な思い出と、素敵な写真が残りますよ。

 

 

さあ、ワーキングマザーの皆さん、一緒に陸マイラー活動を始めましょう。

 

ビジネスクラスが狙える、誰でもできるマイルの貯め方は、こちら。 

www.workingmother-rikumiler.com

 

 

 

 お役に立てましたら、ポチっとお願いします。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村