ワーキングマザー陸マイラーが今日も行く

フルタイム共働きのワーキングマザーです。陸マイラーもやっています。

入院費用はいくら? 子どもの入院と医療保険の必要性

先日、子どもが入院しました。

 

病気自体は、すでに完治しましたが、入院費用に驚いたので、書いておきます。加えて、子どもの医療保険についても、再考したので、記載します。

 

 

 

 

子どもの入院費用

子どもが入院した場合、どのくらいの費用がかかると思いますか?

 

自分の体験だと、保険適用で3割負担の場合、1日あたり、2万円から3万円くらいかな、とおもいます。

(高額療養費制度などを活用すると、共働き家庭の場合、月額9万円弱が上限になりそうです。)

 

 

では、今回、5日間入院した、子どもの入院費用はいくらだったのか。

支払った金額は…

 

6000円と少しでした。

 

内訳は、医療費1,000円、食事代約5,000円です。

 

 

子どもの医療費助成

治療費請求書を確認すると、保険点数から見た治療費は、約30万円でした。

保険適用すると、子どもの自己負担は2割ですので、自己負担は約6万円です。

 

しかし、私の居住する地域では、乳幼児医療助成制度があり、子どもの医療費は、1回(入院1日)あたり500円です。そして、1医療機関につき、3回目以降の受診は、無料になります。 

 

今回の入院の医療費の自己負担は、1日目と2日目の医療費がそれぞれ500円づつ、それ以降は無料で、合計1,000円でした。

 

食事代(だいたい1食460円程度)は、医療費助成の対象外ですので、これは実費です。

 

したがって、乳幼児医療費助成制度の恩恵を受け、医療費がほとんどかからなかったことが分かりました。本当にありがたいことです。

 

医療費以外で、入院にかかった費用

 

入院治療費以外で、入院するに伴って必要になった費用については、以下のとおりです。

・病院の駐車料金

・付き添いの親の食事代や飲み物代

・子どものおやつやジュース(医師の許可がある場合のみ)

・紙コップや紙皿などの雑貨の雑費

スマホの通信費(1か月の上限を少し超えました)

 

食事代については、病院がそれほど遠くなかったため、家に帰ってお弁当を持参したり、両親からの差し入れなどもあったため、平均して、1日あたり1,000円くらいでした。

 

駐車料金も、付き添いの親の駐車料金は、格安でした。

 

したがって、医療費以外の費用も、総額で、10,000円もあれば、おつりがでるくらいでした。

 

子どもの保険の必要性を考える

 

以前、このような記事を書きました。 

www.workingmother-rikumiler.com

 

この中で、子どもの医療保険は、医療費助成がある場合は、いらないのではないか、と記載していました。

 

今回、子どもが入院して実感したこと。

 

「個室を希望しなければ(大部屋の入院でよければ)、わが家には、子どもの医療保険は、不要」です。

  

子どもの医療保険で人気の、月額1,000~円で、子どもの医療費や損害補償をカバーするようなものだと、保険料が年額12,000円程度です。18年間加入すると216,000円です。

 

このような保険の場合、入院1日あたり5,000円の保険が支払われ、5日間の入院だと、25,000円程度の保険還付がある場合が多いです。

仮に、今回、わが家が医療保険に加入していた場合、25,000円の還付があり、支出の総額の約16,000円をカバーできるでしょう。

 

ただ、保険の掛け金を考えると、18歳までに、10回程度入院するか、長期(1か月単位)で入院しないと、「元」が取れない計算になります。

(保険で「元」という言い方もどうかと思いますが、分かりやすくしました。)

 

乳幼児医療助成制度があれば、入院しても、医療費は1,000円です。わが家は、サラリーマンですので、一応有給休暇もあり、子どもの付き添いをしても、有給休暇の範囲内の日数であれば、給料が出ます。

仮に、長期の入院で看護が必要になっても、介護休暇などの制度もあります。

 

給料で入院費が十分に払えるにもかかわらず、20万円以上の費用をだして、保険料を掛けておくのは、不要だな、と判断しました。

 

確かに、入院すると、食事療養費という名目で、子どもの食事代がかかります。しかし、これは、家にいても、食事代はかかるうえ、1日1,000円程度ですので、医療保険がないと困る、というものではありません。

 

子どもが入院すると、親の付き添いが必要な病院では、親の食事代などがかかります。ただし、こちらも、通常の生活でも必要になる他、家にいる方が、少し労力を出して、食事の作り置きをすることで、それなりに対応できました。

 

子どもが大きくなれば、付き添い対応は楽になるでしょうし、子どもが複数いれば、対応は難しくなるでしょう。このあたりも、家庭によるでしょう。

 

病院によっては、駐車料金などが高い場合もあるので、このあたりは、地域性や病院による、という判断になります。

 

差額ベット代に保険を使う

ただ、差額ベット代については、乳幼児医療費助成の対象外です。

 

病院によりますが、個室を希望すると、1日あたり、5,000円~10,000円かかります。

 

これをカバーしようと思うのであれば、保険があると、気持ちが楽になると思います。

 

特に、子どもが小さいと、夜泣きや、ぐずぐずで、周りに気を使うため、個室がいいな、と思うことも多いと思います。保険があれば、「個室で!」と希望しやすくなりますね。

 

ただし、希望しても、個室に空きがない場合もあります。

 

わが子の今回の入院では、当初、個室を希望していましたが、個室は、感染症の子が優先的に入っており、空きがなく、大部屋への入院となりました。治療の必要があり、個室に入った場合は、差額ベット代は不要になることが多いようです。

 

(蛇足ですが、わが子が入院した病院は、大部屋も、年齢である程度区別されており、わが子の入院期間は、同室の子はいませんでした(すなわち、大部屋を1人で利用))

 

したがって、「個室」というオプションが必要な場合は、子どもの医療保険に加入することも、検討してもいいと思います。

例えば、大部屋では、子どもの夜泣きなどで親のストレスが大きくなりそうな、低年齢(5歳くらいまで)の間だけ、子どもの医療保険に加入しておく、なども、良いと思います。

 

最後に

今回は、子どもの入院にかかる費用と、医療保険のことを記載しました。

子どもの場合、入院となっても、思ったより、医療費はかからないので、お金の心配は不要です。子どもの心配だけ、してあげてください。

 

保険は、あくまでも保険です。保険会社の利益がなければ、保険は成り立ちません。

 

子どもが産まれる前や、産まれてすぐに、営業された保険に、比較検討せずに加入するのは、もったいないです。

子どもの身体の状態、家の家計状況を見ながら、時には保険の専門家の意見もふまえて、冷静に、判断していけばいいのではないか、と思います。

 

なお、共働き家庭の場合、お金の問題よりも、子どもの付き添いと仕事の調整が、けっこう大変な問題となります。

 

このあたりは、また記載していきたいと思います。

 

 

お役に立てましたら、ポチっとお願いします。ブログ村に遷移します

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村