ワーキングマザー陸マイラーが今日も行く

フルタイム共働きのワーキングマザーです。陸マイラーもやっています。

子どもが入院 共働き家庭の付き添い入院の現実と対応方法

先日、2歳の子どもが入院しました。

(既に完治して、元気に保育園に通っています。)

 

入院の際、親の24時間付き添いを求められました。常に誰かは付き添っていてください、と。

 

今回は、子どもの入院での付き添いについて、共働きの「付き添い入院」の現状と、付き添い入院を求められたらすぐに準備することを、紹介します。

 

 

 

共働き家庭が直面した、付き添い入院

 

子どもは、入院前から発熱がありました。入院前の、保育園お休み期間は、夫婦で交代して対応していました。 

www.workingmother-rikumiler.com

 

かかりつけ病院の診療を受けたところ、二次救急病院(入院先)に紹介状が出ました。

紹介状が出た日は、夫が仕事を休んで、かかりつけ医に連れて行っていたので、そのまま、二次救急病院(入院先)の診察も、入院手続きも、入院荷物の準備も、全て、夫が対応しました。

 

入院にあたって、付き添い入院を求められました。24時間の完全付き添いです。

 

さて困りました。昼間の付き添い、夜の付き添いをどうするか、誰がするか、1日ごとに、考えなければなりません。

 

夫婦とも、職場との調整や、仕事内容の調整が必要です。

しかし、夫は、すぐさま付き添い入院に突入、そして私は仕事中。

調整方法がラインしかありません。(病室では電話禁止)。

 

幸い、入院中に週末を挟んだことと、義実家の協力を得られることができるよう調整がついたことで、なんとか、付き添い入院を乗り切りることができました。

 

 

我が家の付き添い結果

 

入院1日目(入院日) 昼 夫   夜の泊り 夫

  2日目      昼 夫   夜の泊り 妻

  3日目      昼 妻   夜の泊り 妻

  4日目      昼 夫   夜の泊り 妻

  5日目      昼 妻   夜の泊り 妻

  6日目(退院日) 昼 妻   昼過ぎに退院

 

義実家の協力としては、主に昼の1時間ほど、息抜きの休憩の際に、付き添いを替わってもらったほか、家での夕食のおかずを作ってもらうなどをお願いしました。

また、入院1日目は、夫が入院荷物を取りに帰る際、義実家に付き添いを交代してもらっていました。

 

昼の付き添いをしていない方は、仕事に行きました。

 

妻である私の夜の泊りが多いのは、1日目、夫が泊まった際、子どもが夜中に起きて、大泣きしたことと、入院のベッドが小さく、添い寝では、夫の身体に支障がでるだろうと、判断したためです。

 

仕事の後、職場から直接病院に直行して泊まる、ということも、泊まった後に、そのまま仕事に行く、ということも、夫婦とも経験しました。

 

私は、仕事の後に病院に行く場合は、途中で、スーパー銭湯などに寄って、お風呂に入りました。(家と職場の中間に病院があったため、起きている子どもに会うために、家には帰りませんでした。)。

 

 

付き添い入院を求められたらすぐに準備すること

 

実家・義実家に協力を仰ぐ

子どもの入院は、非常事態です。日頃、実家を頼らずに子育てをしている場合でも、可能であれば、それぞれの実家に、協力をお願いしましょう。

 

特に、子どもが複数いる場合は、共働きの両親2人では、24時間付き添い入院の場合、絶対に手が足りません。

付き添い交代の際、必ず、残った子どもから離れる時間が出てきてしまいます。入院していない子どもを、毎回病院まで連れていくにも、無理があります。

 

そんな時、病院の行き帰りと交代の時間の間だけでも、家で子どもを見てもらえると、本当に助かります。

 

例えば、入院期間の前半の数日間、後半の数日間を、協力してもらえるだけでも、付き添いの苦労が全く違います。平日が無理でも、週末だけの協力でも、ずいぶん楽になります。

まずは、「協力を願えないか」を、聞いてみましょう。

 

「親も仕事をしているから」「高齢で大変だから」「遠くに住んでいるから」と思ってしまいがちですが、もう一度いいま。子どもの入院は非常事態です。

兄弟の保育園や学校の送り迎えをお願いする、食事作りや買い物をお願いする、シャワーの間だけ、入院中の子どもの付き添いを替わってもらう、など、負担の少ないお手伝いでも、こちらには、大きな助けになります。

 

実家・義実家が無理なら、近所の人でもかまいません。少しだけ、できることだけ、協力してもらえるだけでも、大変ありがたいです。

両親2人だけで乗り越えようとすると、どこかで身体を壊してしまいます。親が倒れたら、元も子もありません。

 

 

勤務先に細かく報告する

 

共働き家庭の場合、平日(勤務日)の昼間の付き添いは、仕事を休むことを意味します。専業主婦の家庭と異なり、ずっとお母さんだけが付き添う、というわけにはいきません。母の有給休暇が一瞬でなくなります。

 

まず、親2人とも、職場に状況を報告し、付き添い入院のため、仕事を休む日があることを、伝えましょう。

 

その際、できれば、3~4日先まで、夫婦の付き添い入院の交代スケジュールを調整した上で、何日と何日をお休みしたい、と伝えると、勤務先も、対応がしやすいです。

 

くれぐれも、何も言わずに、急に休むのは、避けましょう。職場に不信感が生じます。

プライバシーの問題もありますが、緊急時は、できるだけ、状況をこまやかに報告し、勤務先でも、協力者を増やしておくことが、大切です。

 

 

 

付き添いしない方は、数日先まで見据えて準備をする

 

子どもが小さい場合、一度、付き添いに入ってしまうと、院内のコンビニにすらなかなか行けません。したがって、必要なものは、きちんと病室まで持ち込んでおくことが大切です。

 

急に入院が決まると、付き添いを交代してもらえなければ、入院グッズを取りに帰ることもできません。したがって、付き添っていない方は、付き添っている方と連絡を取りながら、十分以上に、準備しましょう。

入院グッズは、必要なものは、病院からお知らせがありますが、病院のしおりに書いていなかったけれども、必要だったもの、あってよかったものがありますので、記載します。

 

・親の食事(食堂から取り寄せなどが出来るが、値段が高く毎食は難しい。朝ごはん用のパンなどは、日持ちがするので持ち込みやすい。)

・親の飲み物

・ベッドの上を掃除するグッズ(コロコロ掃除テープなど)

スマホの充電器

・延長コード、電源タップ

・子どものスタイ(3食使うため、すぐに乾くもの)

・食事の際にベッドに敷く敷物(レジャーシートやおねしょマットなどベッドが濡れないもの)

・親子とも多めの着替え(点滴が必要となると、おしっこが増えてよく漏れる)

・紙皿や紙のコップ(薬を飲ませる、飲み物を飲む)

・衣類用洗剤(いざというとき、病院で洗濯する)

 

付き添い入院で感じた問題点

最後に、共働き家庭から見た、付き添い入院で感じた問題点を挙げておきます。

 

夫婦で付き添い(特に泊り)を交代することが想定されていない

 子どもが入院した病院では、付き添い親のために、浴室が用意されていましたが、女性しか使えませんでした。お父さんが数日間付き添いをする場合、お父さんはお風呂に入れません。

いくら病院での付き添いとはいえ、汗もかきますし、汚れます。他のお父さんたちは、どうしているのでしょうか。「付き添いはお母さん」という前提で、病院が動いているなと感じました。

 

また、入院ベッドが、子ども用で小さいため、大柄の男性の場合、添い寝は限りなく難しいです。簡易ベットもありますが、これも小さかったです。

わが家は、短期間の入院で済みましたが、長期入院の場合、親も身体が、がたつきそうでした。

 

わが家の場合、夫が入院手続きを行い、そのまま夫が付き添い入院しました。

当初、大部屋に子ども1人で入る形になりました。

大部屋で、他のお母さん方と、男性である夫が、同じ部屋で寝る、着替えをする、ということに、病院側が配慮したのかな、と感じた出来事でした。

 

小児科の看護師配置基準は大人の診療科より少ない(らしい)

入院先の看護師さんに教えてもらったのですが、大人の診療科の看護師配置基準(入院病床数における看護師数の割合)は、小児科よりも手厚いそうです。つまり、小児科のほうが、看護師さんの数が少ないのです。

 

大人の方が手厚い理由は、よくわかりませんが(着替えや体位交換が大変だから?)、日勤時間帯はともかく、夜勤や準夜勤の時間は、子どもが泣いたりぐずったりしても、看護師さんの人数的に、子ども一人にかかりきりにはなれません。

 

そのため、子どもの入院先の病院では、親に付き添いをしてもらう前提で、入院システムが成り立っているように感じました。

 

付き添い入院は、各家庭に大きな負担が生じます。

 

病気でしんどい子どもに、ずっと付いていてあげたい、という気持ちは、どの親も持っています。しかし、必ずしも、無理なく付き添いができる家庭ばかりではありません。

 

共働き家庭が増えている昨今、付き添い入院が、強制ではなく、もう少し、柔軟な形になっていけばいいのにな、と思いました。

 

お役に立てましたら、ポチっとお願いします。ブログ村に遷移します

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村