ワーキングマザー陸マイラーが今日も行く

フルタイム共働きのワーキングマザーです。陸マイラーもやっています。

時短勤務かフルタイムか? 時短経験者がフルタイム勤務のメリットを紹介

育休から復帰する際、時短勤務にするか、フルタイムにするか、悩んでいる方も多いと思います。

 

私は現在、フルタイムで働いています。

ちまたでは、時短が最高!フルタイムなんて家族を犠牲にしている! みたいな激しい議論もありますが、そういう炎上目的ではなく、純粋に、なぜ私がフルタイムを選択したのか、メリットを紹介します。

 

 

 

 

私の職場復帰

 

昨年の4月に職場復帰しました。復帰から数か月は、実は、時短勤務でした。

 

勤務先で、育休から復帰する社員の支援制度として、数か月(子どもの月齢による)、有給で、1日2時間以内の範囲内で、時短勤務ができる制度があり、それを利用しました。

 

ですので、時短勤務の良いところも、理解しているつもりです。

 

それでも、フルタイム勤務を選んだ理由については、次のとおりです。

 

 

給料が満額支給される

 

まずは、お給料の点です。フルタイム勤務であれば、もちろん、給料が満額で支給されます。

 

時短勤務の給料

 わが社の場合、時短勤務を選択すると、まず給料が、時短勤務で勤務しない時間の分、削減されます。また、ボーナスについても、勤務していない時間の割合で、削減されます。

 

わが社の場合ですが、例えば2時間の時短をとり、6時間勤務を選択すると、給料が8分の6、ボーナスも8分の6になり、年収が400万円なら、300万円になります。

 

100万円くらいの減額なら、時短勤務でもいいか、とも思うのですが、小学校に上がるまで時短を続けると、100万円が6年間で、600万円です。学資保険のモデルケース300万円の、2倍になります。これを考えると、100万円は大きい。

 

2人目出産の際の育児休業給付金

 また、仮に2人目の子どもを妊娠して、育休を取得すると、育児休業給付金を受け取りますよね。

この育児休業給付金の金額は、直前の勤務時の給料をもとに計算されます。

 

フルタイム勤務の場合は、もちろん、フルタイム勤務の給料で計算されます。

しかし、一人目の復帰時、時短勤務をして、給料が減っていた場合、減った給料で育児休業給付金が計算されるため、一人目で受け取っていた給付金の額より、減額となります。

 

仮に、すぐに二人目を妊娠した場合、少しの時短勤務の期間があるだけで、最大2年間の育休給付金が減額されることになってしまいます。 (2年間育児休業を取るかどうかは、別の話ですが)

 

ボーナス(勤務評価)の査定

 これは、わが社特有の問題ですが、わが社の人事制度では、時短勤務を取得している場合、いくら時短勤務内で、仕事の成果を出しても、ボーナスの査定が、プラス査定になりません。

 

頑張ってもプラスマイナスゼロ、多くの方は、なぜかマイナス査定になっているようです。

 ですので、時短勤務の減額分に加え、ボーナスの査定額がマイナスになり、結果、ボーナスが減る、ということになります。

 

時短勤務で、勤務時間に比例して、給料がそもそも減っているのに、ボーナスの査定でマイナスになるのは、悲しい。

仮に、6時間の勤務で、8時間分の仕事の成果を出していたら、給料が減っている分、本来なら、かなりコストパフォーマンスの良い社員のはずなのですが、ボーナスでは、よくてプラスマイナスゼロ査定となる。

 

フルタイム勤務であれば、純粋に、仕事の成果だけで、いろいろ評価される(と思っていた。ここは過去の記事に、”もやもや”を紹介しています。)ので、フルタイム勤務を選択しました。

 

ここは、わが社の人事制度の問題点ですので、すべての方にあてはまるわけではありませんが、私には、大きな考慮点でした。

 

 

管理職への昇任の可能性が残る

 

わが社の場合、ワーキングマザーの先人は、かなりたくさんいらっしゃるのですが、時短勤務の制度ができて十数年、時短勤務の方が、管理職に昇給した例が、まだありません。

 

もともと、わが社は、いわゆる古き良き日本企業で、女性社員は多いものの、女性の管理職は、女性の社員比率に比べて、ものすごく少ない。役員になると、女性はほぼいない。完全に男性社会の会社です。

 

それに加え、時短勤務ができるようになって以降、平社員から一つ上のクラスへの昇任はあっても、時短勤務者の管理職への昇任はない。

 

私は、勤務歴が長く、すでに管理職手前の状態でした。同期の男性社員だと、あと数年(片手で足りるほど)で、管理職になっていきます。同じように肩を並べて、同じように仕事をしてきたのに、自分だけ、子育てが終わるまで、ずっと昇任しない、というのは、なかなかつらいものがあるな、と感じました。

 

まあ、結果的に、今のように、残業を全くしない働き方だと、実態としては、昇任は難しいので、フルタイム勤務を選んだから、昇任のハードルがなくなった、とは言えないのですけどね。

 

残業なしの昇任のハードルと、フルタイムワーキングマザーの”もやもや”の話はこちら

www.workingmother-rikumiler.com

 

 

 

 

仕事のスピードに若干ゆとりができる

 

フルタイム勤務でも、残業をしない場合は、わき目もふらずに(コーヒーも入れずに)仕事をする必要がある日も多いのですが、時短勤務の場合、もっと、仕事の密度が濃い状態でした。本当に、黙々と6時間仕事をする、お昼休みも、昼食後、休憩を取らずに仕事に向かう、という感じでした。

 

私は、育休から復帰する際、フルタイム勤務も視野に入れている、と話していたため、業務分担が、フルタイムと同じ量になっていました。

 

この、最初に決まった業務分担は、わが社の場合、途中から時短勤務にしたところで、減ることはほとんどありません。もし減らしても、人的補填がないため、私が減った分は、チームの回りの社員にやってもらう、という状態になります(私は現在、営業職ではありません。)。子どもの体調不良でお休みなどもある中、仕事を肩代わりしてもらうのは、肩身が狭くなりそうでした。

 

こちらも、わが社特有の問題なのですが、時短勤務を選択したところで、業務を大幅に減らしてもらえるわけではない。結果として、同じ仕事量をこなしているのに、給料は減ってしまう。もしくは、仕事が終わらないため、残業をして、ほとんどフルタイム勤務と変わらない、という可能性がありました。

 

時短勤務にすると、家庭で過ごす時間に余裕はできますが、職場で過ごす時間が濃くなりすぎる(プレッシャーがかかりすぎる)ため、仕事と家庭のバランスが、難しい状態でした。

 

 

フルタイム勤務のほうが、夫の家事分担を得やすい

 

育休中、夫は、家事のほとんどを、積極的にはやらなくなりました。私も、お互い無理をしてまでは、分担を言い出さなくなりました。もちろん、最低限の、食事後の片付けやごみ捨て、買い物などは、協力してくれていました。しかし、名もなき家事や、掃除などは、産休育休前と比べ、明らかに、夫の協力が減っていました。

 

結局、夫も私も、家にいる時間が長ければ、家事の負担が多くても仕方がないよね、と思っていたのだと思います。そして、この考え方(呪縛?)は、時短勤務を選択すると、ずっと抜けられないな、と感じました。

 

家にいる時間が長いと、必然的に家事の分担が多くなり、それを、不満を溜めながらも、受け入れざるを得なくなる。夫も、家にいるんだから、やってくれてもいいじゃない、と思いがちになる。わが家は、こうなる可能性が高かったです。

 

もともと、私は、家事が嫌い(仕方がないからやっているたち)なので、自分が時短勤務を選び、まだ全然平等とは言えない夫婦の家事分担を、さらに多く担うのは、純粋に「嫌だ」と思いました。

 

夫婦のどちらかが時短勤務であっても、お互いに納得のいく家事分担が取れるのであれば、時短勤務はうまくいくと思います。また、家事の充実が、家庭生活の充実につながる、という点も、否めないため、家事が好きな方は、時短勤務で、家庭がより充実すると思います。

 

私の場合、あくまで、時短勤務は「育児のための短時間勤務」だという頑固な認識があり、家事をするために、時短にしているんじゃないのに、という不満が出ることは必須でした。

 

フルタイム勤務になることで、夫も、お互いに同じだけ働いている、と思ったようで、私が先に出勤した後に、台所の片付けや、部屋の片づけを、積極的に担ってくれるようになりました。これは、時短勤務の時には、見られなかったことです。

 

私の家庭での精神状態(イライラ具合)は、時短の時より、フルタイム勤務時の方が、各段に落ち着いて、良くなりました。

 

思ったより、子どもとの時間が減らなかった

 

これは、家事分担の話につながりますが、結局、時短勤務にして、一番増えるのは、子どもとのふれあいの時間ではなく、家で家事をする時間になってしまっていました。

 

フルタイム勤務となり、家事を極力、省力化、自動化(機械に頼る)、夫と分担したため、子どもとの時間は、時短勤務と比べ、そこまで減ることはありませんでした。また、夫も、家事を担うようになりましたが、大半は、子どもが寝てから行う家事なので、子どもとの時間が少なくなることはありませんでした。


もちろん、フルタイムにしたことで、起床時間は、1時間ほど早くなり、朝、全力で食事作りをこなしています。でも、それで足りました。


 わが家の1日のスケジュールはこちら。

www.workingmother-rikumiler.com

 

 もし、フルタイム勤務後、明らかに子どもと触れ合う時間が減り、子どもが不安定になったりしていたら、再度、時短勤務を選択していたかもしれません。

 

わが家は、そうではなかったので、結局、フルタイム勤務を継続しても、何とか家は回り、子どもは保育園から帰っても全力で遊び、21時に寝る、という生活を過ごしています。

 

 

時短勤務とフルタイム勤務、どちらを選ぶか

 

今回、私が考えた上記の5点以外にも、フルタイムを選ぶポイントは、いくつもあると思います。そして、時短勤務を選ぶポイントも、おなじようにいくつもあります。

  

結局は、自分の価値観と、配偶者の価値観と、それから家事育児の状況、子どもの状況との、すり合わせなんだと思います。

 

時短だから、子どもとたくさん遊べる、ゆとりがある。

これはある意味正しくて、ある意味、正しくありません。

フルタイムでも、子どもとたくさん遊べないわけではありません。ゆとりも、家ではないかもしれませんが、勤務先では、すこしゆとりがあるかもしれません。

 

キャリアをあきらめたくないからフルタイム。

これも、ある意味正しくて、ある意味間違っているかもしれない。

日本の会社では、フルタイム勤務だから、正当に男女平等に評価してもらえるか、というと、なかなかそこまでに至っていないように思います。だって、残業前提に、業務が成り立っている場面が、そこそこあります。

(まあそれでも、時短勤務よりは、フルタイム勤務のほうが、キャリアアップという点では、望みはあります。)

  

会社に復帰すると、「フルタイムだから、家族を犠牲にしている」と、会社の人から、思われることは、おそらくありません。もちろん、「時短だから、仕事をおろそかにしている」と思われることもありません。

 

育休中、社会との関わりが薄くなるあまり、ネットの世界の評価が、世の中の評価だと、錯覚してしまうことがありますが、実は、社会は、会社は、良くも悪くも、フラットです。その人の仕事ぶり、子育てぶりを見て、査定・判断をされていきます。

 

ですので、現在、フルタイム勤務か、時短勤務かを悩んでいる方は、ネットの意見をうのみにせず、時短の利点・欠点、フルタイムの利点・欠点、会社の現状や、自分の家事育児仕事の能力、配偶者の理解と努力と協力体制を、客観的に見極めて、最後は、自分が幸せになれそうな方(加えて家族もそれなりに幸せな方)に、決めていけばよいと思います。

 

そしてもし、選んだ方とは、別の勤務がよかったとなれば、会社が許せば、途中でも、変更してもらえばよいのです。

 

そのくらいの柔軟さで、復帰の準備をすることが、復帰後、忙しくなる自分の身体と心を守る、大きなお守りになると、私は思います。

 

 

お役に立てましたら、ポチっとお願いします。ブログ村に遷移します

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村