ワーキングマザー陸マイラーが今日も行く

フルタイム共働きのワーキングマザーです。陸マイラーもやっています。

ふるさと納税でマイルが貯まる ANAのふるさと納税のご紹介

ふるさと納税ANAのマイルを貯めることができますのでご紹介します。

 

 

  

ふるさと納税をご存じですか?

 

ふるさと納税をご存じですか?

 

ふるさと納税とは、自分が選んだ自治体に寄附を行った場合に、寄附額のうち2,000円を越える部分について、所得税と住民税から原則として全額が控除される制度です。

ANAのふるさと納税サイトより) 

 

 

「納税」という言葉がついていますが、正しくは、都道府県や市区町村への「寄附」です。

 

一般に、納税者が、国や自治体などに対し、「特定寄附金」を支出した場合には、所得控除を受けることができます。これを寄附金控除といいます。 

 

ふるさと納税の場合、控除上限額の範囲内で寄付すると、原則として自己負担額の2,000円を除いた金額が所得税と住民税から控除されます。

 

 

例えば、年収500万円の共働きのサラリーマンは、ざっくり計算すると60,000円程度の寄付が可能です。

 

60,000円のふるさと納税をすると58,000円の寄附金控除が受けられ次の年の住民税などを差し引かれます。

 

そして、寄付をするとその寄付先の自治体から返礼品がもらえる返礼品制度が充実しているため、ふるさと納税をすると、実質2,000円の負担で、様々な返礼品を受け取ることができます。

 

返礼品は現在、寄付額の3割までにするよう総務省がルールを定めています。

 

したがって、60,000円の3割である18,000円分相当の様々な地域の返礼品を、実質2,000円の負担でもらうことができるというのが、ふるさと納税というシステムです。

 

私はこのふるさと納税制度を使って、A5ランクの黒毛和牛ステーキや、イチゴやメロンなどの果物、カニやハマチなどの海産物を、実質2,000円の負担で返礼品としていただきました。

 

ANAのふるさと納税

ふるさと納税をしている人

すごくお得なふるさと納税制度ですが、2019年時点で、ふるさと納税を行ったのは406万人ほどです。対象者の7%ほどしか、ふるさと納税を行っていません。

 

日本でたった7%の人だけが、ふるさと納税を活用し、返礼品の恩恵を受けているのです。 

 

マイルが貯まるふるさと納税

ふるさと納税をして返礼品をもらうには、まず、ふるさと納税サイトを選んで登録し、寄付をする必要があります。ふるさと納税サイトは、「さとふる」「ふるさとプレミアム」「ふるなび」「ふるさと本舗」「au PAY ふるさと納税」など、様々なものがあります。

 

このふるさと納税サイトの中に、ANAマイルを貯められるサイトがあるのです。

その名も「ANAのふるさと納税」です。

ANAのふるさと納税

 

 

ANAふるさと納税は、

1:寄附金額100円につき1マイルが貯まる

2:掲載自治体数288自治体、返礼品数は約60,000点から返礼品が選べる

3:「プロが選ぶ返礼品特集」や「ANAのCAが選ぶ返礼品特集」、「プレゼントキャンペーン」等の特集や企画が充実
4:自然災害等で被災した地域への災害支援寄附や新型コロナ被害支援寄附ができる

などの特徴があります。 

 

f:id:workingmothermiler:20201028230537p:plain

ANAふるさと納税サイト トップ画像

 

ANAのふるさと納税

ふるさと納税でマイルが貯まる

 ANAふるさと納税サイトからふるさと納税を行うと、お得なふるさと納税を利用でき、かつANAのマイルを貯めることができます。その方法を説明します。

 

ふるさと納税サイトでマイルが貯まる

ANAマイレージクラブ会員(AMC会員)が、ANAふるさと納税サイトから、AMC会員番号を使って登録を行い、ふるさと納税を行うと、100円につき1マイルが貯まります。

 

年収500万円のサラリーマンの場合、60,000円程度の寄付が可能ですからその1%の600マイルが貯まります。

 

ふるさと納税を行うだけで、ANAのマイルが貯まる仕組みです。

 

ANAのふるさと納税

クレジット決済でマイルが貯まる

 

また、寄付をクレジットカードで決済すると、クレジットカードのポイントが貯まります。ANAカードで決済を行えば、ANAカードの通常のルールでANAマイルが貯まります。

 

したがって、ANAふるさと納税では、1.5%(一般ANAカード)から最大2.5%(ANAカードプレミアム)のマイルを貯めることができます。

 

 

1%還元のANAカード(例えばANA一般カードの2倍コース)を持っている場合、60,000円の寄付を行うと58,000円税金が安くなるうえ、ANAふるさと納税の特典で600マイル、カード決済により600マイル、合計1,200マイルが貯まります。そして、18,000円分の返礼品までもらえてしまいます。

 

1200マイルとは、クレジットカード決済で12万円の決済を行わないと貯まりません。この12万円は通常の買い物ですので、お金は減るだけです。 

 

しかしふるさと納税は、寄付額から2,000円を除いた額つまり58,000円の税金が控除されるので、持ち出しは2,000円です。ふるさと納税でもらえる1,200マイルは、2,000円獲得できることになります。

2,000円で1,200マイル、還元率は60%です。これはとてつもない還元率です。

 

そもそもふるさと納税は、マイルが貯まらなかったとしてもお得な制度なので、これでマイルを貯められるなら、一石二鳥です。やらない理由がありません。

 

ANAのふるさと納税

プレゼントキャンペーンがお得

 

現在、ANAふるさと納税では、キャンペーン期間中に1回20,000円以上の寄付を行った場合、ふるさと返礼品やANAオリジナルスーツケースがもらえるプレゼントキャンペーンを実施しています。

 

キャンペーン期間は2020年10月27日から2020年11月19日13:59までです。

 

このキャンペーンは事前登録が必要です。ANAふるさと納税サイトのキャンペーンタブから、ANAマイレージクラブサイトに入り、キャンペーン参加登録ができます。

 

キャンペーンに参加した後、ANAふるさと納税サイトに戻り、ログインの際に、AMC会員番号でログインした上で、1回20,000円以上のふるさと納税を行えば、キャンペーン参加が完了です。

f:id:workingmothermiler:20201028230638p:plain

ANAふるさと納税キャンペーン

 

このキャンペーンのプレゼントは、通常のふるさと納税の返礼品にプラスしてもらえますので、マイルが貯まり、返礼品がもらえ、プレゼントがもらえるというトリプルでラッキーになります。

 

マイルを貯める注意点

 

ANAふるさと納税でマイルを貯めるためには、ANAマイレージクラブ会員である必要があります。ANAマイラーであれば、ANAマイレージクラブ会員の要件は満たしていますが、これからマイルを貯めようと思っている方は、まずはANAマイレージクラブ会員になってください。

 

ANAカード(クレジットカードでも、クレジット機能のない通常のANAカードでもOK)を所持すれば、ANAマイレージクラブ会員になることができます。

ただ、本当に、つまりマイルで海外旅行に行けるくらいにマイルを貯めようと思う場合は、 ANAのクレジットカード(特にANA TOKYUカード)を発行することをお勧めします。

www.workingmother-rikumiler.com

 

ANAのふるさと納税

 

 ANAふるさと納税の感想

 

私はこれまで、「さとふる」と「ふるさとチョイス」を使って、ふるさと納税をしてきました。

 

そのうえで、ANAふるさと納税を行った感想です。

 

ログイン

一番最初のログイン登録については、ANAマイレージクラブ(AMC)会員番号とパスワードを入力すれば、自動的に名前や住所が紐づけされるため、会員登録はすぐにできます。本当にANA会員にマイルを貯めてもらうためのふるさと納税サイトだなという印象です。

 

寄付先の選び方

寄付先や返礼品を選ぶときは、「返礼品から探す」「ランキングから探す」などで、簡単に探すことができます。

f:id:workingmothermiler:20201028230822p:plain

ANAふるさと納税 ランキング

 

ただ、ランキングから探すにあたり、さとふるやふるさとチョイスは、「牛肉」のランキングや、「いちご」のランキングも一覧になりますが、ANAふるさと納税では、「肉」「魚」「果物」など、ランキングのくくり方が大きい印象です。

f:id:workingmothermiler:20201028230910p:plain

ANAふるさと納税 野菜・果物ランキング

 

返礼品に「ANAトラベラーズダイナミックパッケージ補助クーポン」があるのが、ANAふるさと納税の特色です。

f:id:workingmothermiler:20201028232029p:plain

ANAトラベラーズダイナミックパッケージ

たくさん寄付できる人は、ふるさと納税で無料で飛行機旅行が可能になりますし、普通のサラリーマンでも寄付額の3割相当の補助クーポンがもらえるので、安く旅行に行くことができます。

 

今ならGoToトラベルでそもそも旅行が安いうえに、さらに寄付でもらえる補助クーポンが使えるます。旅行に行きたい方は、寄付についても今がチャンスです。

 

ANAのふるさと納税

 
返礼品の種類

 

返礼品の種類については、他の大手ふるさと納税サイトのほうが、種類が多く金額も多様にあると思います。

 

ANAふるさと納税では、どちらかというと20,000円程度の、そこそこ高額な返礼品を取り扱っている印象です。

 

大手サイトとANAふるさと納税サイトを比較し、同じ自治体の同じ返礼品であれば、値段の差はありませでした。取り扱いの種類に違いがあり、ANAふるさと納税は取り扱い数が少ないという感じです。

 

ですので、マイルを貯める必要がない方は、大手ふるさと納税サイトのほうが、たくさんの返礼品の種類を見ながら寄付先を選べるので、楽しいと思います。

 

サイトの使い勝手

 

サイトの動きについては、特に使いづらいと感じることはありませんでした。

 

しいて言うなら、お気に入りに登録した商品について、他のふるさと納税サイトは、トップ画面に「お気に入り」と「カート」を見れるボタンがあるのに対し、ANAふるさと納税では、トップ画面からは「お気に入り」を見ることができず、マイページに入ってから「お気に入り」に入るという、クリックが1つ増えることが気になりました。

 

改善されるといいなと思います。

 

ANAのふるさと納税

やっぱりマイルが貯めたいです

 

複数のサイトを使ってみて、やはり、ANAふるさと納税でマイルを貯めるのが一番お得だと感じました。

 

だってクレジットカード決済の2倍のマイルです。大きいです。

 

ふるさと納税自体がそもそもお得ですが、ANAふるさと納税を使えば、ANAマイルを貯めたい人にはもっとお得です。

 

ぜひ一度、ふるさと納税にチャレンジし、ANAのマイルを貯めてみてください。

 

マイルが貯まる「ANAふるさと納税」はこちら

ANAのふるさと納税

 

 

利用率ナンバー1の「さとふる」はこちら

 

返礼品の選びやすさを追求した「ふるさとプレミアム」はこちら

ふるさとプレミアム

 

テレビCMで話題の「ふるなび」 はこちら

 

au PAYが運営する「au PAYふるさと納税」はこちら

 

 

 

 

あわせて読みたい

 

www.workingmother-rikumiler.com

www.workingmother-rikumiler.com

 

 

お役に立てましたら、ポチっとお願いします。ブログ村に遷移します

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村